エントリー

FAQ(よくある質問と回答)

採用選考や仕事などに関する「よくあるご質問と回答」です。 CSSという会社の一端を知る上での、参考にしてください。


選考採用について

学生時代に取っておけば有利な資格などはありますか?
また、学生時代に勉強しておいた方が良いことがあれば、教えてください。

情報処理技術者の資格は、取っておけば後々楽になります。
勉強については「特にこれ」 というのはありませんが、本をたくさん読んだり、多くの人と交流することで、社会人としての第一歩がスムーズに行くのではないでしょうか。

私は文系ですが、採用の際に不利ではないでしょうか?

まったくマイナス要因にはなりません。
当社の文系出身者比率は、45%です。

アプリケーションの使いこなしやプログラミングなど、コンピュータを高度に操作できることは必須条件でしょうか?

できるに越したことはありませんが、基本的には“人”をみる会社です。
充実した研修制度もありますから、本人にやる気さえあれば、今は苦手でも全く問題はありません。

OB/OG訪問をしたいので、紹介してくれませんか?

紹介は可能です。
日程はご要望に応じて調整いたしますので、採用担当者までご連絡ください。

仕事について

勤務時間・休日はどのようになっていますか?

勤務時間は、9:00~18:00です。 休日は、土・日・祝日、夏休み2日と年末年始休暇です。 出来る限り定時退社を基本としており、月の残業時間も業界平均よりも少なく、平均で18時間。大手クライアントが多いので、年間休日も120日となっており、プライベートも充実して、メリハリの効いた生活が送れます。

入社後の研修やトレーニングについて教えてください。

新入社員は入社後2カ月間、社会人研修とコンピュータ基礎研修があります。 その後、業務に必要なスキルは、配属先にて主としてOJTで修得します。 また、人財育成制度により、社外セミナーの受講や資格取得を全社的にバックアップしています。 詳細はこちらをご参照ください。

配属部署に関し、どの程度希望を聞き入れてもらえるのでしょうか? たとえば、希望するプロジェクトに参加することなどが可能な仕組みはありますか?

希望が全面的に聞き入れられることは難しいかもしれませんが、社内およびユーザーとの調整により、希望するプロジェクトへの参加は可能です。 また、社員のスキルアップのため、随時、担当するお客様先の変更を行っています。

将来的に、SEやプログラマー以外の仕事(総務・人事・経理など)に配属されることもありえますか?

基本的にはありません。 ただし、ご本人の意向や能力等により、ごく稀に配属されることもあります。

勤務地はどのように決められるのでしょうか?

適性、経験、スキル、およびご本人の希望等を総合的に検討し、決定します。

転勤はありますか?

ご本人の希望や業務上の都合によって、転勤もありえます。

人事評価はどのように行われますか?

昇給時に、個人の能力・スキルを評価します。(年1回)
賞与時には、半期単位で個人の作業実績(業績)について評価します。(年2回)
自己採点と上長評価を元に役員が妥当性を検討し、最終評価を出します。

昇進制度について教えてください。

新入社員のモデルケースとして、入社2~3年でIT系資格(基本情報技術者試験相当)取得。 また、5年勤続でユーザーから技術者および管理者として高い評価を得ていれば主任へ。 その後、数名のプロジェクトおよびチームをまとめることができると会社が判断すれば係長へ、グループ運営を任せることができると判断すれば課長へと昇格します。 詳細はこちらをご参照ください。

その他

寮や社宅はありますか?

寮や社宅はありませんが、借り上げのマンションがあり、希望者は入居することができます。 転勤の場合の住宅は、会社で準備します。

サークル活動や社内行事などについて教えてください。

当社には会社とは独立した福利厚生のための組織があり、年に数回、バーベキューやボウリング大会などのイベントを実施しています。 詳細はこちらをご参照ください。

服装について教えてください。

生産性向上と省エネへの貢献を考慮し、社内勤務の場合は、夏季の間クールビズを実施しています。ただし、お客様先へ勤務する場合は、お客様の規定に準じています。

女性でも長く勤めることはできますか?
また、出産休暇・育児休職などについてはどうでしょう?

もちろんです。マネージメントコースでのキャリアパス・プランにもどんどんチャレンジしていただきます。結婚や出産など、ライフイベントが多い女性も長く働いて頂けるよう、産前・産後休業、育児休業について制度を整えており、実際に取得して復帰した社員がいます。復帰後は短時間勤務制度も設けていますので、安心して子育てしながら仕事を続けられます。

 

 

ページ上部に戻る